小児眼科

弱視

視力の発達は小さい頃にほぼ完成します。具体的には、生まれたばかりの時の視力は0.01程度ですが徐々に視力が発達し3歳前後で1.0となります。
しかし、この視力の発達段階で、視力の成長を妨げるものがあると視力が育たず弱視となります。
弱視とは、メガネやコンタクトをかけて矯正しても視力が出ない状態のことをいいます。
弱視のおもな原因
○屈折異常(遠視、高度な近視、乱視)
○斜視・視野の遮断(白内障などの眼の病気、眼瞼下垂、眼帯使用)など
弱視の簡単自己チェック
□テレビなどを見るとき近づいて見る。
□目を細めてものを見る。
□いつも顔を傾けてものを見る。
□片方の目を隠すと嫌がる。

斜視

ふつう、ものを見るときには、右目も左目も両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が見ようとする目標と違う方向を向く場合があります。これを斜視といいます。
斜視は子供の2%位に見られるといわれてます。片方の眼が内側に向いてしまう場合を「内斜視」、外側に向いてしまう場合を「外斜視」といいます。これに上下の視線のずれが加わっていることもあります。
斜視の中には常に斜視の状態である場合もあれば、時々、斜視になる場合もあります。
斜視の原因
○目を動かす筋肉や神経に原因がある場合
○遠視の影響で内斜視になる場合
○両眼の視線を合わせようとする脳の機能が悪い場合など
※片方の視力が悪いとその視力の悪い方の眼は物を見ようとしなくなり、勝手な方向をむいて斜視になる場合もあります。
大人が子供のしぐさや動作、目の外観を観察して
子供の目の管理をしてあげることが大切です。 当院では、大学病院の斜視・弱視外来を担当しているORT(視能訓練士)が 斜視・弱視のお子さんの精密検査を担当いたします。
予約制になっております。
まず一度一般外来を受診していただき、その後ご予約をさせていただきます。
診療時間
午前10:00〜13:00
午後14:30〜18:30
【火曜日定休】
日・祝日午後 14:00〜17:00
(16:30受付終了)
水曜日午後は手術・予約検査外来

※日・祝日は診療終了時間の変更がある場合がございます。必ず、ご確認の上ご来院ください。
※眼底検査・初回コンタクト処方は診療時間終了40分前までにお越しください。
※代診日はトップページのカレンダーでご確認ください。(非常勤医師が担当します)
診療内容
白内障(日帰り白内障手術)
緑内障
結膜炎・ものもらい
ドライアイ
アレルギー(花粉症)
眼精疲労・老眼
高血圧・糖尿病の眼底検査
OCT検査
その他眼底疾患の精密検査
さかさまつ毛、内反症、眼瞼下垂
眼瞼痙攣(ボトックス注射)
小児眼科
視野検査(静的視野・動的視野)
レーザー治療(眼底・緑内障・白内障)
メガネ・コンタクトレンズ処方
アンチエイジング外来(自由診療)
OCT検査

イオンタウン守谷 2F
たかはし眼科
TEL:0297-44-7734